【ブックログ】『王様の速読術』

booklog

2016年のチャレンジとして、速読に挑戦してみることにしました。
読み飛ばしているような気がして、速読にはずっと抵抗があったのですが、
一方で、もっともっと本を読みたいのに、学ぶべきことはたくさんあるのに、
子どもを生んで以来、読書の時間がグッと減ってしまったのも事実で。
積読本の山は高くなるばかり……。

そこで先日家族が勧めてくれた、この本を試しに読んでみて
速読にチャレンジしてみることにしました。

王様の速読術』斉藤 英治<著>

「自分が欲しい情報を、とりにいくのが読書」という点に共感したため。
速読をすることで大事な情報を取りこぼしてしまうのではないか……と心配していましたが、
読書はそもそも、正解を探すものではなく、もっと自分本位で良いはず。

「本は家来。自分が欲しい情報」をもらいたいと思います。
「2割のコストで、8割を学ぶ」。
「王様は、忙しいのじゃ」。

ということで、できるだけ、ここでもブックログを残してみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です